射出成形技能士1級実技合格に必要な28のこと その⑤

⑤材料特性の理解 PC

 

PC(ポリカーボネート)樹脂は非晶性のエンジニアリングプラスチックである。

PS樹脂同様にナチュラル材は透明色となっている。

非常に優れた耐衝撃性を備えており、他にも耐熱性や耐候性、透明性に優れた材料と言える。

耐用耐熱温度が120°程あり幅広い範囲で使用することが出来る。

成形時のシリンダー温度は260°~320°程度が標準となっている。

融点が250°程度なのでそれ以上の温度でシリンダーを回さないとシリンダーの破損に繋がるので、温度管理はしっかりと行うことが試験でも求められる。

スポンサーリンク


金型温度は80°前後が目安となる。

使用メーカー/グレードにより異なるので、そちらを参照して欲しい。

極めた優れた物性を持っているが、耐薬性に関しては弱い部分もある。

具体的にはアルカリ性の溶剤に弱い。

エステル基を持つ樹脂なので加水分解にも十分注意が必要である。

加水分解については加水分解のページを参照されたい。

PCの収縮率は0.5~0.7%程度となっている。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA