射出成形技能士1級実技合格に必要な28のこと その㉕

㉕ ホッパー確認

疎かにしがちなホッパー確認ですが、安全的にも、異物等の購入防止的にも重要なので気を付けてください。

 

まずシャッターを閉める→ホッパーに弱めにエアーブロー→ウエスでホッパーを拭きます。

 

その後検定員(補佐員)に声をかけてPS材を貰います。(「PS樹脂ください」)

ホッパーとトレーのサイズ次第ですが、私が受験した時は、トレーをホッパーに対して真っ直ぐ入れた方がこぼれませんでした。角から斜めにして入れようとすると材料がこぼれてしまいます。

 

材料の投入が終わったらホッパーのフタをしてシャッターを開けます。

 
スポンサーリンク


※フタを閉めないと大きな減点が予想されます。

(仮にフタを閉めずに成形を開始して、金属片などがホッパー内に混入した場合異物となるだけでなく成形機の破損/摩耗などの影響を与える為。)

またシャッターの開け忘れも注意してください。シャッターの開け忘れで計量されずに、時間を無題にしないように注意しましょう。

プラスチック成形技能検定 1級勉強用おすすめ本




SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA