射出成形技能士1級実技合格に必要な28のこと その㉔

㉔温調セッティング

1級/2級関わらず成形するにあたって金型温度管理は重要なファクターです。

 

水口部にエアーを吹きかけて、通水回路がどのようになっているか確認します。

基本的に1つの成形機に対して1台の温調器(2回路分)あるので、固定側で1回路、可動側で1回路使用となります。

固定側はストレートなので単純ですが、可動側はストレートとUターンの複合なので

どのようにホースをつなぐか十分考慮する必要があります。

スポンサーリンク


 

通水回路が決まったら【つなぎ手】を先に付けて、一度エアーを拭いて予定通り回路が出来ているか確認します。問題がなければ次に【戻り】、最後に【入り】をつけます。

ワンタッチカプラになっていて、水口自体は既に金型についているかと思います。

ホースのネジレ等を確認して問題なければ、取付完了の趣旨を検定員に伝え、

検定員の確認が終わってから通水を行います。

(通水前に温調器の温度をセットします。通常はPS樹脂から成形だと思いますので、目安は40°となります。)

 

パワーボタンを押して電源を投入入れて、戻りのレバーを開いて続いて入りのレバーを開きます。そしてホースを触ってきちんと通水されているか確認をします。

プラスチック成形技能検定 1級勉強用おすすめ本




SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA