【知ってて当たり前!? ゲートの役割と種類】

 

ゲートとは成形品(製品)に材料である樹脂を流し込む為の入口です。

スプルー、ランナー、ゲートは、成形が終了し、成形品が完成すれば基本的には不要なものになり捨ててしまいます。

 

 

ゲートの特徴としては

  1. 溶融プラスチックの流れと方向を制御します。

②ランナーと成形品の切断を容易にして、

成形品の仕上げを簡単にすることができます

  1. 溶融プラスチックがキャビティ内に充填された後に、
  2. 逆流するのを防ぐためにゲート部分が素早く冷却固化します。

 
スポンサーリンク


ゲートには様々な種類があり、製品形状や客先要求によって種類・大きさを選定します。

名 称 利 点 欠 点 関連事項
ダイレクト ・流動性良好
・構造がシンプル
・あらゆる樹脂に適用可
・1個取りのみ
・ゲート切断難
・サイクル長い
・残留応力大
・大物、深物向き
サイド ・残留応力が低い
・ゲート幅、深さが確定しやすい
・ゲートバランス取りやすい
・流動抵抗大
・ゲート切断跡目立つ
・最もシンプルな構造
オーバーラップ
(ジャンプ)
・ゲート跡が見えにくい
・ジェッティングの抑止しやすい
・ゲート切断難 ・外観重視部品に適する
タブ ・残留応力が小さい
・ジェッティングの抑止しやすい
・流動抵抗増大
・ゲート切断跡目立つ
・ゲート付近のフローマーク防止に
一定の効果あり
ファン ・幅広い流動が可
・配向が小さい
・流動性が良好
・切断後加工必要 ・大型平板成形品
フィルム ・幅広い流動が可
・配向が小さい
・流動性が良好
・切断後加工必要 ・大型平板成形品
ディスク ・円盤形状に有利 ・切断後加工必要
・切断工数大
・円盤、円筒形成形品
ピンポイント ・可塑化良好
・ゲート自己切断
・ゲート跡小さい
・流動抵抗大
・型構造複雑
・ランナーロス大
・多数個取りに適用可
・3プレート金型
トンネル
(サブマリン)
・可塑化良好
・ゲート自己切断
・ゲート跡小さい
・流動抵抗大
・ゲート切断品質
ばらつく
・ゲートカットコストを削減できる

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

*

CAPTCHA